本文へスキップ

日本語検定と日本語検定対策講座の紹介など

海外からでも受けられる日本語教師養成講座(通信)

日本語検定 試験

受かる!日本語検定HEADLINE

海外からでも受けられる日本語教師養成講座(通信)


オーストラリアのWJLCから通信(インターネット、郵送、FAX)で日本語教師養成420時間講座の修了証を取得する講座です。国内はもとより世界中から受講可能。文化庁の420時間新モデルシラバスに準拠した内容であり、日本語学習者のニーズの多様化に対応するため、英語を使った直接法の両方を採用しています。
受講資格は簡単な英会話ができる方。日本語教育能力検定試験にも十分対応した内容で長年日本語教育に携わって来たベテラン講師が懇切丁寧に添削及びご指導いたします。記述式ワークシート提出回数:20回


海外からインターネット・郵送・FAXで受講可。
前半の講座で英語を使って教える間接法と日本語だけの直接法を学習し外国人から見た日本語文法と英語を媒介語にした間接法を学習するのが特徴です。これは英語圏の人や日本に在住する英語話者への日本語教授に最適なメソッドです。この教授法は日本でも少なく、希少価値があります。もちろん直接法も学習します。後半マスター講座では文化庁報告の420時間モデルシラバスに準拠した内容と日本語能力検定試験対策の学習をします。日本語の知識「何を教えるか」と教授法「どう教えるか」がWJLCの講座の柱ですが、後者は実践的WJLCメソッドが習得できます。


通信講座において学習内容の理解不足がないように、教師指導要綱2冊やCD4枚、教え方実践編DVD4枚、通学講座のDVD15時間DVD5枚による解説を充実させています。本講座の質、ボリューム、学習のしやすさ、実用性、リーズナブルな授業料など自信を持って提供します。延長料金一切なし。要望があれば、和文・英文の推薦状等なども無料で作成。

●卒業生の声 小畑ひろこ様●
「ここからスタートすべきだった」今痛切に思います。わけも分からず飛び込んだオーストラリアの高校の日本語ボランティア。任期も後半になって「これではいけない」と猛反省し迷いもなく受講しました。後は無我夢中でした。テキストを読み進めることが本当に楽しかった。「ああ、なるほどそうなのか。」の連続です


スクール名 ワールドランゲージセンター 日本語教師養成420時間通信講座
標準受講期間 いつでも始められます。期間は通常12ヶ月ですが、早く終了されたい方は6ヶ月でも可能です。最長受講開始から3年間の期間延長もできます。しかも延長料金もありません。
受講料A$1740(当日為替レートに準ずる)約15万円前後
添削有無・回数 あり  /  20回・添削・コメント・解説
受講料 【入学金】 0円    【受講料】 -    【その他】 0円
送付物 A4テキスト7冊/講座ガイド/記述式ワークシート教師用解説CD4枚/通学講座DVD15時間/教え方実践編DVD4枚/検定試験に合格するための本



日本語検定